しりとりクエスト・王国年表
相当アバウトですが


*西暦1000年ごろ
・当時隆盛を誇ったムー大陸、発達しすぎた魔法文明の暴走の影響で崩壊する。
・後の魔エリアとなる小規模な次元ホールが出現。
 以降魔法の暴発事故が収まるまで徐々に拡大し続ける。
・ムー大陸の生き残り、および魔法事故に巻き込まれたごく少数の漂流者により、
 大陸の残骸に小さな集落が点在し始める。

*西暦10世紀前半
・集落が次第に小規模国家へと発展していく。
 この頃舞台となる小国の全身もようやく出来始める。
 当初の人口は百数十人。

*王国歴元年
・元ムー大陸王族の末裔を祖とする初代国王が擁立される。
 この王家は数度の分断を経てはいるものの、現在まで血脈は続いている。
 同年元ムー連合国も設立。

*王国歴20年前後
・ようやく国家が安定してきた時期だったが、タイミング悪く大規模魔法暴走事故が起こる。
 幸い国の被害は最小限に食い止めたが、魔エリアは拡大。モンスターが増える。
・事故の際起こった空間転移事故に結構な数の外国人が巻き込まれ、
 この国に難民として保護された。
 半数以上は船で自国に戻ったが、この国に残った者も多数、国際化が進む。
 余談だが定住難民の一人は源義経というインチキ臭い伝説が残っている。

*王国歴100〜400年頃
・不安定期。魔エリアは拡大する一方ではあったが、何とか国は存続していた。
・この間のドサクサで、いつの間にか国の標準語が日本語になっていた。

*王国歴495〜496年
・突如拡大した魔エリアから、魔界の魔王が地上進出に現れる。
・496年王都が陥落するも、その後将軍に迎えられた魔族・ランザの活躍(「もりもり山の攻防」など)で
 逆転勝利する (→「おおまちがいさがし(寸劇)」)。
 ランザはその後200年間「勇者」としてこの国に残る。
・世の中大航海時代到来期で、列強ヨーロッパに組み込まれてもしょうがない時代だったが、
 幸か不幸か上記の理由で航海者の間に「あの辺りヤベェ」という噂が広がり、
 その後コロンブスやマゼランはおろか、コルテス、ピサロあたりにも大筋で無視された。

*王国歴600年ごろ
・復活した魔王により、2度目の王国襲撃を受けるも、
 勇者ランザの活躍(「ぽっちゃん湖崩し」など)により再び撃退。
・日本は江戸幕府が設立された頃。
 この時代は小規模な魔法暴発事故がまだまだ多発していたが、
 日本から流れ着いた難民は、鎖国により帰れなかった。
 そのため日本からの帰化人口が更に増え、「カタナ」「スシ」「ブレーコー」といった日本文化が、
 地道に取り入れられていった。

*王国歴700年ごろ
・またまた復活した魔王により、3度目の襲撃(「幼稚園馬車ジャック事件」など)。
 またまたランザに返り討ちにされる。
・この後ランザ、電撃的に結婚。
 一子に恵まれるも、ランザ自身は老衰により死亡する。

*王国歴800年ごろ
・性懲りも無く魔王復活。4度目の襲撃。
 勇者ランザの娘(2代目勇者)により撃退。
・この頃になると日本は元より他のアジア圏やヨーロッパ・アメリカとの行き来も増えてくる。
 ただし「何か知らないけどヤベェ国」という認識も周知になっており、
 植民地化はうまいこと避けられた。

*王国歴850年ごろ
・二代目勇者により「王立魔法大学」など色んなものが作られる。
 魔法カードの発明や怪獣事件もこのころ(→「怪獣大行進」)。
・近くを黒船とか咸臨丸が往航するが、目的外地なので適当にスルー。

*王国歴900年ごろ
・やっぱり魔王復活。
 5度目ともなるとかなり慎重になり極秘裏に作戦を遂行するつもりだったらしいが、
 完全に裏目に出て、血気盛んな冒険者らにより倒される(→「丸投げクエスト」)。
・またこの時代前後に前述の冒険者らによる吸血鬼の館探索(→「丸投げクエスト外伝2 デビュタント」)、
 殺人事件に纏わる物語、(→「丸投げクエスト外伝 プレシャス・メアリー」)、
 記憶喪失の少女の身元捜し(→「丸投げクエスト外伝3 ジャック・ザ・アンロッカー」)、が発生する。
・いつまでも「ヤベェ国」であり続けるのも気分が悪いし、
 ちょっとは国際化を図ろうとパリ万博に出展。
 様々な魔法関連アイテムをお披露目したが、
 パリっ子に一番ウケが良かったのは、生きたくたくたスライムだった。

*王国歴910年ごろ
・王都に王城が築城される。

*王国歴960年ごろ
・当代国王のお爺ちゃんが城に屋根裏部屋を作る。

*王国歴984年
・当代勇者誕生する。



*王国歴1000年(メイン舞台年)

*1月
・恒例の魔王復活。かなり力をそぎ落とされており、封印地から脱出するのにも四苦八苦であった。
→「しりとりクエスト外伝・魔王さんの復活」

*2月
・魔王城リフォーム終了(→「しりとりクエストZERO」

*3月上旬
・「勇者募集告知」に飛びついた一人の若者が、ノコノコ採用試験を受けに来る。
→「しりとりクエスト」

*3月中旬
・魔王、前述の若者によりアッサリ倒される。若者、4代目勇者の称号を受ける。
→「しりとりクエストII」

*4月
・4代目勇者、王様から魔王征伐の報酬を受け取る。
→「しりとりクエスト3」

*5月
・王城崩壊の危機が訪れるも、勇者が未然に防ぐ。
・番人、勇者の家に転がり込む。
→「しりとりクエスト4」

*6月
・王様、自分の城から出られなくなる。
→「しりとりクエスト外伝・王様の受難」

*同年の5月以降
ここで上がっていないゲームの時代は、Switchesシリーズを除けば大体このあたりです。


・ワールドガイダンスへ


・トップページへ